2012年08月09日

iphoneアプリでカロリー計算

カロリー計算アプリ.jpg

iponeのアプリに「カロリー計算」というのがあると知った。データを入力すると、おおよその基礎代謝量を決めてくれて、食事をするごとに、何カロリー食べたかをいれれば、その日あと何カロリーまで食べていいか?を教えてくれる。

う〜ん、スマホごときに、「あなた、今日食べられるのは、あと○○カロリーですよ!」だなんて命令されるの、どうなんでしょうね。

最近は、便利なものが身の回りにあふれているけど、管理されることに麻痺して何も感じなくなってしまうのは問題だな。

人間の基本的欲求である「食欲」。食べることぐらい、器械に指図されないで、自主的にいきましょうよ♪
posted by 新藤律瑚 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月27日

食習慣の変化は健康にすぐ影響を与える

(産経新聞社 ネットニュースzakzak 2011.10.26より)

Nさん(45)は数年前から会社の健診で「血糖値がやや高め」と指摘されていた。検査の前1−2カ月の血糖値の状態を見る「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」の値は、昨年までは「6・5」前後。基準値は「5・8以下」だからオーバーしてはいるが、すぐに治療を始めるレベルでもない。医師からは「十分注意してください」と言われるだけで、当人もそれほど深刻に考えてはいなかった。

ところが今年の健診で彼のHbA1cは赤マル急上昇。「10・8」と、一気に2ケタの大台に乗ってしまったのだ。

背景にはストレスがある。妻の母親が脳梗塞で倒れ、退院はしたが大きな麻痺が残ってしまった。それで週の大半を妻が実家に泊まり込んで世話をすることになり、Nさんは慣れない家事に奮闘中。

帰宅すると夕食の準備。カレーやら野菜炒めやら“学生料理”しかできない上、男の料理だから量が多いし味も濃い。

でき上がると急いでそれを食べて、今度は塾に行っている娘を迎えに車で出かける。帰るとようやく酒が飲めるので、さっき「夕食」は食べたばかりだが、今度は娘と一緒に「晩飯」を食べる。その後片づけをして風呂に入り、日付が変わる頃、今度は「夜食」と称して晩飯の残りをつまみながら焼酎を飲む。そりゃ、血糖値も上がるというものだ。

そんなNさんについて、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟医師はこう解説する。

「精神的なストレスから暴飲暴食になって血糖値を高める典型的な例。糖尿病治療の原則は、1に食事、2に運動、3、4がなくて、5に薬。Nさんの場合はまず食生活を見直すだけでもだいぶよくなるはずです」

 一晩で3回も同じ料理を食べるNさん。さすがに朝は「胸やけがする」と言って朝食抜きで出かけることが多いという。



----------------------------------------------------------------------------------------------------

ストレス、暴飲暴食、夜食が原因としてあげられているけれど、また別の視点もあると思う。
それは、栄養。介護で奥さんが料理出来なくなった。ご主人が代わりに作ることになったわけですが、料理の内容がどう変わったか?ということ。

奥さんが作っていた料理よりも、栄養が偏っていたり、足りない栄養がいろいろでてきたりと、このご主人が作るメニューそのものにも問題がありそう。

急いで慌ただしく食べたり、栄養が足りないと、脳はみたされないし、すぐお腹がへってしまう。そうすると、また中途半端な時間に2度3度と食事をしたくなってしまう。

このご主人の行動をみてもその様子がうかがえる。

夕食のバランスが悪いと、翌日の朝もたぶんお腹が空いているだろう。朝抜きは、追い打ちをかけて悪い方向へもっていっているだろう。

解決策は、夕食のバランスをどうとるかということと、どこでゆっくりとした食事時間をとるかということ。朝の栄養補給にサプリタイムなどを使ってもらったらいいのにと思う。

慌てて食事をして娘さんを迎えにいくなら、なにか少し間食をしておいて、帰ってから娘さんとゆっくり食べたらいいかもしれない。そういう選択肢もある。

BOSSダイエット法
posted by 新藤律瑚 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月23日

成功するまでカウンセリングがつくなんてすごい!

ふたり出産してから太ってしまい、ダイエットしてリバウンドして、と体重の増減がはげしくて悩んでいるというTさん(32才)。ご本人いわく「魔のトライアングルにはまっている」とのこと。

ダイエット食品のコンテストに応募して45キロまで減量して入賞した経験もあるという。だが、そのあとすぐにリバウンドした。そんな調子でここ3年は、10キロちかく増減を繰り返している(異常である・・・)。


去年の夏から半年で5キロ増え、ここで本当にどうにかしなくてはと相談があった。
Tさんは今57キロ。自分でちょうどいいと思うのは52キロ。でも、できることなら7キロぐらい痩せて50キロになりたいというのだが・・・。


全般的に、Tさんのような悩みは多いが、当然こんなダイエットのやり方が正しいハズはない!! 実際はダイエットを繰り返せば繰り返すほど、筋肉をおとし代謝を不活発にし、(本人はその気がなくても)どんどん「太りやすい体質」になっていっているのだ。

正直、ダイエット常習者ほど、痩せにくくなっている。BOSS法をスタートしても、手こずる場合も多い。まず代謝を上げなければならないからだ。今まで我慢我慢のダイエットで栄養がまともに摂れていなくて、筋肉も落ちているわけだから、BOSSダイエットで栄養を十分に摂って筋肉を取り戻す必要がある。


「痩せるためには食べるのを我慢しなくてはいけない」とずっと信じてきたものを、BOSS法では逆のことを言うわけだから、たいがいのひとは戸惑う。私がカウンセリングの中で皆に口を酸っぱくして言うことは「夕食は食べていいんですよ。満腹になるまでしっかり食べて!」なのだ。そうすると、こういう答えが返ってくる。

「本当に食べてもいいんですか・・・」

今まで植え付けられたことをひっくり返すのは大変なこと。それはカウンセリングをやっていて実感する。Tさんは今、一歩一歩BOSS法のライフスタイルに移行しつつある。Tさんからこう聞かれた。「あのう、このカウンセリングはいつまでやってもらえるんですか?」

「Tさんが目標を達成できるまでずっとですよ」と言ったら、驚いていた。「すごいですね。成功するまで付いていてくれるなんて!」

Tさんの目標は52キロにした(BMI=19になる)。他のダイエットで45キロまでしたことがあるというがそれは異常。50キロまで落とす必要もないのではないかと思う。5キロ減だから半年あれば出来るだろう。
毎月のカウンセリングでサポートしますからね! 一緒に頑張りましょう。


夕食たっぷりのダイエット成功法則はここをクリック
posted by 新藤律瑚 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月15日

大丈夫!いいスタートです!

今日が20日目のカウンセリングだった、26才男性Tさんと33才女性Aさん。Tさんは18キロ、Aさんは5キロ痩せるのが目標です。

Tさんはスタート時79キロありましたが、10日目のカウンセリングで77.8キロ(−1.2キロ)になっていました。今日は20日目のカウンセリング。何キロになっていますか?ときくと“そんなに減ってないですけど76.5キロです”とTさん(さらに1.3キロ減っている!)。

Aさんはスタート時62キロでした。10日目は体重に変化はありませんでしたが、20日目の今日きいてみると“1キロしか減らなくて61キロなんですけどいいんですか”とあまり声が弾んでいない。


即座にわたしはふたりに言いましたよ。「いいじゃないですか!その調子です。順調なスタートですよ」と。だって、体脂肪を減らすことをやろうとしているんです。1ヶ月に何キロ落ちればいいというんでしょう。

世の中では、「1週間で5キロ痩せます!」などと宣伝広告されていたりしますが、実際正常な状態でそんなことありえません。間違った食事制限をして肝心の体脂肪が落ちていなくて、筋肉が痩せているので、そのあとすぐにリバウンドをおこすのですから。


Tさんは20日で2.5キロ減っています。この調子だと1ヶ月で3キロ減ぐらいになるでしょう。BOSSダイエットにしては少しハイペースですが、目標が18キロ減(肥満度が高いと1ヶ月に2〜3キロ減もありうる)なのでよいと思います。Tさんは、ゆるめだったお通じが調子よくなったそうですし、ウエストも1センチ縮まったそうです。

Aさんは20日で1キロ減ですので、こちらもいいスタートです。Aさんいわく「体重の減りは少なくてもスカートがゆるくなってきた。夕食が楽しみだし、思いっきり食べられるのが最高ですね」だそう!


あせることはないのです。夕食を十分楽しんで、着実に体脂肪を減らしていくBOSSダイエットなら、そのときばかりのダイエットではなく、生涯スリムを維持していけるのですよ。


夕食たっぷりのダイエット成功法則はここをクリック
posted by 新藤律瑚 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月01日

ストレスで甘いものへと!

Mさん(40才)は56s、体脂肪率33%、BMI24。出産前は48sだったので、そこまでもどるのは無理かもしれないけれど、せめて51s(BMI22)までもどしたい、と去年12月にBOSSダイエットを始めた。

Mさんはこれまでに、低インシュリンダイエット、マイ○○ダイエット、自己流の食事制限などいろいろな方法でダイエットを試みてきたがうまくいかなかった。以前はスポーツジムに通って体重を維持していたけれど、今は通いたくても小さい子供がいるのでできない。食事を減らすだけじゃだめだとわかったのでBOSSダイエットをやってみようという気になったという。

2ヶ月経って、体重は1s減り体脂肪率は2%減って31%になった。BOSS法のリズムにも慣れて夕食がとっても楽しみとのこと。ただ、おやつのとき、ちょっと食べ過ぎてしまうのが目下の悩み。なぜなのか聞いてみると、MさんはBOSS法を始めるのと時期を同じくして生活が大きく変わった。家を二世帯住宅に建て替え、お舅さんとお姑さんとの同居になった。

BOSS法で教わったとおり、腕によりをかけて夕食にご馳走を並べると、お舅さんが「こんなに食べきれないほど作ってもったいない」とみずをさし、朝昼は自分は食べないが、二人に食事を作ってあげなければならない。さらに、お姑さんは要介護状態で、二人とも入れ歯なのでやわらかくて食べやすいメニューを考えなくてはならない。そうして私に話しているうちにMさんはあることに気付いた。「そうか! 慣れない義父母との同居でけっこうストレスが溜まっていたのかも!」。

同居も始めたばっかり、BOSS法も始めたばっかり、ということでストレスが溜まり、それが甘いものに走ってしまう原因のようだ。Mさんには、お義父さんに言われたことはなるべく気にしないように、夕食は自分が食べたいと思うものを作って満足するように食べてくださいとアドバイスした。

夕食たっぷりのダイエット成功法則はここをクリック
posted by 新藤律瑚 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月29日

そんなにやせる必要ない

Nさん(48才)は、お産のたびに徐々に太ったそうだ。健康診断の数値はどこも問題ないのだが、どんどん太っていくのでお医者さんからも「どこか悪いのですか?」といわれたほど(どこか悪いか診断するのがお医者さんなのでは??)。ヒザやコシへの負担も大きくなり、肩こり、頭痛の症状もでてきて、健康を考えてBOSS法にチャレンジしてみようという気になった。

NさんのBMIは24.5。目標は?ときくと「10sやせたい!」という。かりにNさんのいうとおり10sやせるとBMIは20だ。健康数値でいえば標準BMIは22だから、20まで減らす必要があるのかなあとは思ったが、まずはその数字を目標においてスタート。

BOSS法をはじめて2ヶ月がすぎ、2s体重が減った。ベルトの穴がひとつ縮まり、便秘症だったのが、少しずつよくなってきたとNさん。このへんで目標数値を再検討しなければと、オムロンの体脂肪計を貸してあげて「体脂肪率」を測ってもらった。すると27%だった。40代女性なら22〜23%になれば上出来だから、あと5%くらい下げればよい。そのためには5s減らせばいいだろう(だいたい体脂肪率1%さげるのに1s減らす必要がある)。

そうなると、合計7s減で理想の数値になることになる。7s減ならBMIもぴったり22だ。「たぶん10sも落とす必要はないですよ」と言うと「えっ、そうなんですか!」とNさん。ゴール達成までの距離が縮まって、少しほっとした声だった。

夕食たっぷりのダイエット成功法則はここをクリック
posted by 新藤律瑚 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月22日

やっぱり!納豆でやせるはずなかった

BOSSダイエットをスタートしたばかりのAさん(59才、男性)からメールをいただきました。

先日はわざわざカロリーの資料まで送っていただき、ありがとうございました。今朝のニュースでは「あるある大辞典」の納豆ダイエットが捏造データに基づいていたとの放送がありましたが、そもそも単一の食品が特別の効果を持っているということ自体、おかしいと思わなくてはいけないんじゃないかと思っていました。

シントウより
ほんとですよね! こんな話題が新聞の第一面に載るというのもビックリですが。消費者のコメントもあって「もともと納豆は嫌いだったけど、ダイエットにいいと聞いて、無理して1日2パック食べていた。裏切られた気持ち」と憤慨したそうだ。だいたい、納豆でやせられるだなんて、まともに信じるほうも信じるほうだと思いませんか! 納豆は良質な植物性タンパク質で、イソフラボンも豊富。たとえやせなくたって十分食べる価値のある食品です。

さて、堅実な方法「BOSS法」を選択したAさんは、20日間で体重が1s減り、体脂肪率は2%減りました。ウエストも2p細くなり、順調なスタートです。ただ、ウエストはそれでもまだ90pありますから、メタボリックシンドロームといわれる数値。健康面ではγーGTPが高いので、内臓脂肪をきちんと減らしてそれも改善したいということです。

体脂肪率が今22%なので、あと5%下げ17%くらいを目標にします。そうすれば、自然に体重は5〜6s下がるでしょう。ウエストも5p以上減りメタボリックシンドロームから脱するでしょうし、その頃には肝機能数値γーGTPも正常にむかうでしょう。
posted by 新藤律瑚 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月17日

BOSS法を真似したが・・・

21才女性のYさんからのご相談。ホームページを読んで真似してみたけれどうまくいきません。方法が間違っているのでしょうか?

(メールより)
初めまして。ネットでこの方法を知って自分に合っていると思ったのでさっそく実践してみたのですが、どうも体重が減っていきません。また、それがストレスで夕食にドカ食いをしてしまうことがあります。
ストレスを無くすというのがこのダイエットの目的なのにこのように感じてしまうということは私のダイエット法が間違っているのでしょうか。とても悩んでいるので宜しければアドバイスをください。あと、私は焦って体重を落とそうとしてしまうのですが改善法とかありますか? 今149p、49sです。


シントウより
あなた様の身長と体重からBMI(体格指数)を計算してみましたらBMI22になりました。これは、標準的な数値です。一般的に25以上を肥満と呼びます。ただ、最近の若い方(10代、20代の方など)はちょっと細めに見えるBMI20くらいを望む傾向があります。この場合には、肥満のかたが痩せるのとは違って、筋肉をつける運動をするなど、食事以外の努力をする必要がでてきます。

それから、BMIが22と標準であっても体脂肪率が高い場合もあります。女性の体脂肪率は25%くらいが標準です。ダイエットをくりかえしたりすると体脂肪率が高くなりますので、その場合は、栄養バランスを改善し適正な体脂肪率にさせる必要があります。このときにはBOSS法のやり方が有効です。

ご自身がほんとうに太っていらっしゃるのか?もういちど確認してみてください。BMIが22で、体脂肪率も25%以下であれば、ダイエットは必要ありません。BOSSダイエットは肥満している方を正常に戻すためのダイエット法であり、標準の方をモデルさんのように細くさせる方法ではありません。

BOSSダイエットの内容を読んで、自己流でなさる方がおられますが、それでは本当のBOSS法にはなりません。夕食をしっかり食べるようにアドバイスしていますが、ドカ食いとは違います。BOSS法にしたがってやれば、ストレスがかかることもありません。カウンセリングを受けて、3日間のトライアルを体験すると、正しいBOSS法が理解できると思います。

おっしゃるように焦って結果を急ぐのはよくありません。「着実に実行してあとは結果を待つ」ぐらいの気持ちで取り組んだ方がうまくいきますね!

夕食たっ
ぷりのダイエット成功法則
はここをクリック
posted by 新藤律瑚 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月19日

やせたい!でも食べたい!

今日は、50代女性Sさんの初めてのカウンセリング。3日間のトライアル希望です。

Sさんのデータ:BMIは25,体脂肪率は40%(体重計で)。8sやせて30代の頃の体重に戻りたい。

シントウより
8sやせれば、BMIも22(理想数値)になりますので、目標のたてかたはいいですね。体脂肪率は50代女性ですと27〜28%でしょうから、40%が正しいとすれば、12〜13%下げなければなりません。

ただ、体脂肪率の測り方ですが、体重計に乗るだけのものですと、下半身を中心に測ることになり、人によってはあまり正確に数値がでないようです。両手だけで測る機種(オムロン)か体重計でも手で握るところがある機種(タニタ たとえば「からだスキャン」のような)がおすすめです!

Sさんは「やせたいにはやせたいが、食べることは我慢したくない」とおっしゃいます。BOSS法では夕食はたっぷりとは言ってますが、朝も昼も無制限に食べてもいいとは言ってません。やはり、ダイエット中はその人に合った、適度なカロリー量におさえる必要があります。

「その人に合った」とは、代謝であるとか、体格(筋肉の量など)も関係しますが、とりあえずは年齢からだいたい割り出すことができます。50代女性ですので、基礎代謝量は1100〜1200kcalかなと想像できます。であれば、ダイエット中は1400kcalくらいがちょうどいいと思います。それ以上制限することもないですし。

「えっ、そんなに少ないんですか! 1600kcalくらいはいいのかと思ってました」とSさん。1600kcalで痩せられるのは20代30代の方でしょうね。年齢とともに筋肉も減らし、代謝を落としていることもお忘れなく!!

Sさんには、正確な体脂肪率をだしてもらう為、貸し出し用の「オムロン 体脂肪計」をお送りしました。それで、もう一度測り、体脂肪率を報告してもらい目標設定をし直す予定です。
posted by 新藤律瑚 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年09月14日

お母さん、背中がスッキリしてきたね!

Kさんは今回で5回目のカウンセリング。
Kさんのデータ:40代女性 57s(スタート時)→ 目標47s(10s減)
●BOSSダイエット4ヶ月目で 現在52s台(スタートから5s減)

出産前の30代の頃の体重に戻りたい、というのが目標。
とくに体脂肪率が37%と高くてショックをうけた。
これをなんとか減らしたい!
どれくらいでやせられるかという期間はそれほどこだわらない。
甘いものやお菓子が好きだし、夕食後主人や息子が食べていると誘惑に負けそうになるので、それは気をつけたい!
BOSS法をはじめるにあたって、心配だったのは「お腹がすかないかな?」ということだったけど、やってみたら思ったより平気。
最近中学生になる息子から「背中がスッキリしてきたじゃない」と言われてうれしかった!


シントウより
Kさんの場合、始めてからここ3ヶ月、とくに問題もなく順調にきています。“お菓子の誘惑”も心配していたほどでもなさそうです。始めたばかりの頃、3日で1s減り、その後10日で1s、と落ちかたのスピードが速かったのですが、今はなだらかになっています。ウエストは最初の3週間で5p細くなり、その後横ばいに。

このところ、落ちかたがにぶいと少し気になっているようなので、夕食の内容を尋ねてみました。ご飯とお味噌汁におかずが2品でした。ちょっと「さびしいな」という印象です。BOSSダイエットでは夕食は品数豊富にたっぷりと!が理想。ただカロリーをおさえればやせられるかというと、そう単純なものではありません。十分な栄養補給がされてこそ、余分な体脂肪は燃焼されていくのです。そこを多くの人が勘違いしてしまいます。
Kさんには、あと1〜2品夕食のおかずを増やしてもらうようアドバイスをしました。もう300〜400カロリー摂っても大丈夫です。

気にされていた体脂肪率も、37%から33%台に減ってきていますので、この調子です!体脂肪量は計算してみたら、4s減っています。だから、ウエストも細くなり、背中もスッキリしてきたんですね。体脂肪率を理想値の27%くらいまでもっていくのが目標ですのであと5%。体重でいえばやはり、あと5sおとす必要がありそうです。そうすれば47s。目標体重にぴったり合いますね。年内はちょっときびしいかもしれませんが、来年早々には目標が達成できそうです。

夕食たっぷりのダイエット成功法則はここをクリック


posted by 新藤律瑚 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記