2012年07月10日

夕食制限の問題点 (2)精神的な面

○精神的な満足をえることも“食事の大事な要素”

食事は空腹を満たすとともに、精神的な満足を得る意味もあります。ですから、夕食を食べずに空腹を我慢していたらどうなりますか?欲求不満でストレスがたまってしまいます。

それでも、とことん我慢をし続けていると病気になることさえあります。食欲中枢がバカになってしまう病気「摂食障害」です。拒食症、過食症がこれにあたりますね。

人間の原始脳には「生存の欲求」がありますので、空腹になると防衛反応がはたらいて「食べろ!」と脳が指令をだします。それに従って、食事をし、お腹がいっぱいになると、精神的にも安心するのです。
飢餓状態は、生命の危機ですから精神もおだやかではないんですね。ですから、夕食を抜くことはよくないというのが分かると思います。

女性の食事風景.jpg

現代生活はただでさえストレスだらけです。そのうえ、さらに食べたいものを我慢して、ストレスを増やすのはばかげています。夕食をしっかり食べることで、リラックスも出来て、精神的にもいい効果があるんです。


一日のカロリーの分配を、夕食重視にするとうまくいきます。朝昼は、プロテインを主体としカロリーはおさえめにしておきます。夕食では1000kcalくらい食べられますので、ほぼどんなメニューでも大丈夫。

ダイエットなのに夕食たっぷり BOSSダイエット サイトリニューアルしました!
posted by 新藤律瑚 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットと夕食の関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56968611

この記事へのトラックバック