2020年06月30日

「脳が満足する食事をする」のが肥満解消には重要!

肥満解消や、太らないための食事でもっとも大切なことはなに?!


それはダイエットにありがちな『食事制限の飢餓感をつくらないこと』なのです。
痩せるためには、食べるものをある程度制限していかなければならないのは事実です。でも、いつも再三お伝えしているように、単に食事を制限するのは間違いです。

そこがダイエットの落とし穴であって、体にも脳にもけっしていいことはありません。
栄養が不足して健康上悪いし、脳も「満たされていない欲求不満」がたまります。
体も脳もバランスが保たれていてこそ、安心した生活が送れます。

無理をした食事制限ダイエットでは、そのどちらのバランスも崩してしまいます。

体は? というと栄養バランスの欠如で体調が悪くなるでしょう。
脳(精神状態)は? ストレスがたまりイライラしたりします。欲求不満のはけ口を求め、過食にはしってしまったりとか。

よくダイエット中、「反動で食べてしまう」という話をよく聞きますね。あれがまさにそうですね。

■ 肥満解消できる食事、太らない食事はこんなふう

体に必要な栄養を充足させ、脳(欲求)も満たされる食生活をすることが重要なのです!
※ BOSSダイエット法は、そんなふうに仕組みが考えられています。

BOSSダイエット法とは →


syokuji.jpg

夕食は主食とおかずを、バラエティ豊かに食べてください。脳が満たされるのは、単に量だけの問題ではないのです。種類を多く食べることで、異なった味を楽しむことができ、目でも舌でも喜びを感じます。
そうであれば、苦しいほど満腹に食べなくたって、早めに気持ちのうえで満足感が得られるのです。だから食べ過ぎてしまうこともありません。

いろいろ食べていることで、食卓の栄養バランスもひじょうに良くなります。健康にもいいです。

よく栄養士さんのアドバイスで「1日30品目食べましょう」というのがありますが、数字からはいってしまうと義務感になってしまい食事が楽しくなくなり、気が重くなるでしょう。
なんのためにそうしたほうがプラスになるのか、その意味から理解することが大事ですし、30という数に囚われないことです。

いろいろ、美味しく、そのとき「食べたい」と思ったものを食べる、のが基本です!


マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット法 →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。

ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!





posted by 新藤律瑚 at 10:03| ダイエットと夕食の関係

2020年06月25日

まず1kg落とす、このことがとっても重要

太っていてやせなきゃならないという方、減量目標が5kgとか10kgの場合、最初からそこに目標をおいてしまうと、すごく実現が遠く感じたり、「無理じゃないかな」というマイナスの感情が生まれたりします。

ダイエット成功の秘訣、まず第一は、最初に1kg落とすことを考えましょう。1ヶ月かかっても2ヶ月かかってもいいから1kg痩せることを目標にするのです。
理想は体脂肪を減らすことですから、同時に体脂肪率も1%下げたいですね!

栄養をとりながらのBOSSダイエットでは、1kg落とせたとき体脂肪率も1%下がっています。減量できた1kgは「体脂肪」が減ったのです!

1kg減らせれば自信がつくし、継続すればまた1kg、また1kgと減る


最初に1kg体重を減らすことがとても重要です。1kgぐらいたいしたことない、と思うかもしれませんが、それが出来ると、すごく自信がもてるようになります。「痩せられるかも!」という自信です。

1kg痩せられたら、あとはそれを繰り返すだけです。
翌月にまた1kg減り、そのまた翌月に1kg減ります。そんなにうまいこといくのか? とお感じになりますか。

BOSSダイエット法のいいところは、減量の成果が本人の頑張りに因るものではないことです。栄養を不足なく十分にとったうえで、カロリーは8割くらいにセーブしているので、内臓周りの余分な体脂肪が燃焼し無くなります。きちんと理屈に基づいているので、向いていない人、体質が合わない、といったことはおきません。

というよりも、明らかにダイエットをやる前よりも栄養バランスが良くなるので、体も軽く感じ体調もよくなるのではないかと思います。

栄養をとる、ということは免疫力にもよい影響があります。体力がついて夏バテしにくくなったり、風邪をひきにくくなったりもします。

まさに健康になりながらダイエットです!!

マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット法 →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。

ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!




posted by 新藤律瑚 at 15:44| ダイエット

2020年06月23日

食べ物を選ぶとき、カロリーを気にすることは必要だと思う

ダイエットにおいて、カロリーがすべてではありませんし、カロリー制限すればやせられるというものでもありません。

でも、カロリーは常に気にしていなければなりません。食べたいものを欲望のおもむくままに食べていたら、食べ過ぎるしカロリーも取り過ぎてしまいます。

そのくらい、カロリーをとるのは簡単です!


私たちは、食事ではいつでも「食べ物を選択しながら」食べています。
外食でも、まずメニューを見て注文するものを決めますね。スーパーやデパ地下で、出来合のお総菜を買うときも選んでますよね。

栄養もですが、カロリーもちょっと気にしながら選んでほしいです。


カロリーを控えるなんてほんとにちょっとした差なんです。

たとえば、朝のカフェラテ。ミルクと砂糖両方入れればカロリーが多くなるけれど、どちらかにすれば少しカロリーが下がる。

昼のサンドイッチ。ハムカツサンドと卵サンドのどちらにする? 卵のほうがカロリーは低いかと思います。

夕食前のビール。500cc缶ビールなら約190kcalですが、350ccで我慢しておけば約130kcal。この選択の差だけで60kcalもかわってきてしまいます。

スパゲティカルボナーラは生クリームでカロリーがアップ! 830kcalです。これを和風のボンゴレにすれば520kcalになり、なんと310kcalの差!

鶏唐揚げは、大きいもので1個100kcal。3個で終わりにすれば300kcalですが、「もう少し食べちゃおう!」とさらに2個食べればそこで200kcal増えます。だから、「もうちょっと食べたい欲求」は我慢しておいたほうがいいですね。

太る人と、いつもスリムでいられている人との差は、どれだけ気にしているかしてないか、というだけのことです。毎日、毎食のことですので、少しでもカロリーのことを考えながら、時にはセーブして食べることで、だいぶ変わってきます。

マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。

ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!





posted by 新藤律瑚 at 13:21| カロリーについて

2020年06月19日

油断していると1キロくらいはすぐ増える

いつもはいているズボンのボタンがきつい! 太ったかな?! 
と体重を測ってみた。

やっぱり! 1.5kg増えている。
今のうちに元に戻さないとたいへんだ。

食べたいものを好きなように食べていると、1s増えるのはあっという間。
思い当たるふしはいろいろある。
朝一番で甘酒を飲む習慣が、冬からついてしまった。家族も飲みたがるので必ず作って皆で飲む。
自分で作っているから、いかに砂糖の量が多く入っているかわかる。
これを、自分だけ飲まないようにすれば、それだけで100kcalは減らせそう。

おやつに甘いものを気にせず食べていた。
これもちょっと控えよう。

昼のパンが多いかもしれない。これも体重が戻るまでは減らそう。
夜のご飯も半分にしよう。

これくらいやったら、300kcalぐらいは、少なくできそうだ。

太った時期の食生活は、自分の適正な摂取カロリーよりも300〜400kcal多くとっていることが考えられる。

かりに私の適正な摂取カロリーが1600kcalだと仮定すると、ここのところ2000kcalくらいとっていたのかもしれないことになる。

さて、半月くらいで1kg減らして元通りの体重に戻したいと思う。このままどんどん太ってしまったら、洋服がきつくてたまらない。

そのためには、しばらくは1400kcal程度に節制しないといけない。

(朝食)サプリタイム、ヨーグルト  …250kcal → ヨーグルトはやめよう!そうすればサプリタイムだけで100kcal

(昼食)サプリタイム、サラダ、パン(小さいの3きれ) → パンは2きれにして、ジャムもしばらくやめておこう。で、300kcal

(夕食)夕食はだいたいいつも通りで、ご飯だけ減らす。デザートの量もやや減らす 1000kcal

-------------------------------------------------------------------
合計 計算上はこれで1400kcal
まあ、ぴたりとはいかないにしても、これを頭において気をつけるだけでも違ってくる。

太る、痩せる、はほんの少しの差だとわかる。それも日々の積み重ねが大きい。
BOSS法があるから、まだ気が楽。サプリタイムを使えば空腹を我慢することなく、簡単にカロリーコントロールができるから。
ちょっと太っても、すぐ戻せるという安心感がある。


マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット法 →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。

ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!







posted by 新藤律瑚 at 12:47| カロリーについて

2020年06月06日

ダイエットは何歳になっても出来ます!

お早うございます。
BOSSダイエットカウンセラーの新藤です。

中高年になると代謝も落ちてるから、ダイエットしてもなかなか体重が落ちないのでは?
と思っている方が多いかもしれませんね。
でもそんなことはありません。

ダイエットというのは、老いも若きも、男でも女でも、結局条件は同じ。痩せる理屈はおんなじです。
栄養バランスはとりながら、一日の摂取カロリーを1割でもいいから「マイナス」にさせること!

それは具体的にこういうことです。

若い男性では、一日の消費カロリーが2500カロリーだとします(仮に)。そのうちの1割(10%)ですから250カロリー。250カロリー不足するように1日の食事の摂取カロリーを抑えます。250カロリーといったら、ちょうどマクドナルドのハンバーガー1個分くらい。
そうすればこの男性、1ヶ月で7500カロリーマイナス分がでて、計算上では体重が1kg減ります!

では、同じことが高齢者では無理か? というとそんなことはありません。若い人よりはもう少しスローペースで、しかも栄養を摂りながらだったらむしろ体にいいくらいです。
たとえば75才の男性を想定します。一日の消費カロリーをかりに1600カロリーとします。
(たしかに若者と比べれば代謝も落ちていますから、このぐらいと想定して)
この方も1割カロリーを減らしてもらいます。160カロリーですね。ですから、一日の摂取カロリーを1440カロリーに制限してもらうわけです。
カロリー量からいえば、ゆるい糖尿病食くらいのカロリーといえるでしょう。
これが実行できれば、1ヶ月で4800カロリー減となり、2ヶ月で1kg減くらいのペースで体重を落とせる計算になります。

ここで大事なことは、「減らす分のカロリー」は、ご飯やパンなど炭水化物の量で減らすのがポイントです。
高齢者はもともと食が細いので、食事全体の量を減らしてしまうと、栄養まで減らしてしまうことになりかねません。

それに炭水化物は、活動エネルギーとして使うしかありませんから、カロリーをあまり消費しなくなった高齢者はまず減らさなきゃいけない食品群です。

巻き寿司.jpg



筋肉減少を防ぐためにもっとも重要なのがタンパク質の補給です。その量にも配慮することが大事です。筋肉を維持するためには、体重50kgの人だったら毎日50gのタンパク質を摂取しなければなりません。
50gのタンパク質をとるためには、大豆食品、お肉、魚など豊富にとる必要があります。

でももともと食が細くなっている高齢者ですので、ここで有効なのがプロテインサプリで補給する方法なのです。朝食や昼食にプロテインを利用すると、タンパク質やビタミン、ミネラルがバランスよく補給でき、腹持ちもいい。間食が減ります!
歯も悪くなっている人が多いと思いますので、噛まずに飲めて、胃腸に負担なくしかも吸収がいい、という点はまさにうってつけです。

高齢者の栄養補給、体重コントロールにプロテインはほんとに便利です。毎日きちんと栄養がとれるので、健康の面でも効果的です。

ココア箱と3袋改-2.jpg


プロテインドリンク「サプリタイム」 詳しくは→
★ 初めての方は、初回半額でお試しになれます(無料でシェイカーをおつけします)

suplitimehangaku.jpg


高齢者にもおすすめできる BOSSダイエット 詳しくは→
無理なく体脂肪を落として、より健康になります。


ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!







posted by 新藤律瑚 at 10:59| 高齢者のダイエット