2017年01月19日

体は冷やさない、が健康の基本

厚着して体を甘やかしてはいけない。寒さにわざとあたって体を鍛えるのだ!

なんてみんな本気で信じていた時代がありました。私も50代前半、りっぱな中年となりましたので、体に無理はしないことにしています。健康にはなんといっても用心、養生が大切です。


昔を思い出すと、小学生の頃冬でもミニスカートでとびまわっていました。親の方針だったのか、薄着だったと思います。でも、今思えば「伊達の薄着!」。運動も得意で活発な子供ではありましたが、よく風邪をひいていました。無理して登校はしても、体調が悪くて保健室で寝かされ、母親に迎えにきてもらうなんて笑っちゃうエピソードも!今のわたしからは想像できないかもしれません。


ここ20年くらいは自分のファッションは大きく様変わりしました。若いときはオシャレ優先でしたが、30代40代と年齢があがっていくにつれ、格好よりも健康重視へと。スカートはまったく履かないです。理由は冷えるから。


昔は冷え性で、随分悩んでいました。いまでは、常に体を冷やさないように洋服も選び、場合によってはホカロンなどもうまく活用しています。体を冷やすのが一番よくないそうです。平均体温が1℃下がると免疫力は37%下がり、平均体温が1℃上がると免疫力は約60%も活性化するというデータもあります。


タグ:冷え 免疫力
posted by 新藤律瑚 at 11:05| 健康のツボ