2012年11月20日

カロリーのことざっくりと知っていると便利

BOSSダイエット中のTさん(60代女性)から携帯にメールで質問が入りました。朝、サプリタイムだけだとちょっと物足りないので、慣れるまで何か食べてもいいですか? ミカンかヨーグルトだったらどっちがいいですか?

ダイエットでは、糖尿病の食事制限とは違うので、厳密にカロリー計算などする必要はありません。でも、いくらかは知っておいたほうが、食べ物を選ぶとき参考になります。

みかん.jpg

ミカン1個のカロリーはわずか25kcalです。ヨーグルトは100ccくらいでジャムをちょっとかけると150kcalにはなろうかと思います。できたら、カロリーの少ないほうがいいですね。サプリタイムは100kcal。

私もすぐにカロリーが分かるようになったわけではありません。皆さんのカウンセリングをするのに、カロリーの本をあれこれ見ていたら、自然と覚えてしまったのです。

とくに参考にしてきたのが、栄養士さんなどが必ず使っているこの本です。食べ物とカロリーに関する本は、本屋さんに行くといろいろありますが、これは基本中の基本でとてもわかりやすいです。

カロリーの本.jpg

一冊持っていてもいい本です。


マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット法 →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。

ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!






posted by 新藤律瑚 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カロリーについて

2012年11月16日

体幹を鍛えたほうがダイエットに効果がある

ダイエットに役立つ運動はどんなものを思い浮かべますか? とかくありがちなのは、カロリーを消費しようと考えて有酸素運動を長く、きつくやろうとすることです。実はそのときばかり、いくらかカロリーを消費したところで、たいしてダイエットに役にたつわけではありません。 

コアトレーニング.jpg


◆わかってきたことは、有酸素運動や筋力トレーニングよりもダイエットに役立つ運動は、案外地味な運動である「コアトレーニング」や「バランス運動」です。

これまでは、思いっきり汗をかいたり、筋肉痛になるほどの運動のほうが「運動をやった!」という気がしていたと思います。でも、それはそのときばかり。 30分サイクロン(固定式自転車)をこぐと約160kcalくらいカロリーを消費しますが、それはご飯1杯ほどのカロリーですし、週に1回くらいこいだところでダイエットにはなりはしません。 

◆では筋力トレーニング、マシントレーニングはどうでしょうか? 
筋肉を増やせば代謝があがり脂肪が燃えやすくなるのではないかと思う方が多いでしょう。でも、多くの筋力トレーニングはどちらかというと外側の大きな筋肉を鍛えるものです。アウターマッスルともいいます。でも、ほんとうは、からだの奥のほうにあるインナーマッスルのほうが代謝には関係が深いことが分かってきました。

コアトレーニング、体幹トレーニングと呼ばれる主にバランスをとるときに使う筋肉を鍛える運動が、ダイエットにはおすすめです。

肩甲骨、股関節を含めた胴体部分(体幹)をきたえることで、年とともに衰えてきているインナーマッスルを鍛え直すことが可能になります。

大腰筋や肩甲骨まわりの筋肉は、意識して使うようにしないとどんどん可動範囲がせばまってきます。こうした身体の内部の筋肉をうまくつかえるようにトレーニングすることで、日常的に多くの筋肉を使えるようになり、結果的に代謝があがり、消費カロリーが増えるのです。


体幹を鍛えつつ、食事の面ではBOSS法をプラスすると効果が高いです。

BOSShou.jpg

マスターすれば一生スリムが維持できる BOSSダイエット →

★ 初めての方は、1ヶ月半額で体験できます。


ダイエットのご質問・ご相談はこちら →
1ヶ月のお試しをする前に質問したい、という方どうぞお気軽に!






posted by 新藤律瑚 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットに有効な運動