2017年01月31日

家で出来るアンチエイジング体操

逆立ちなんて学生のとき以来! 50代に入り筋力体力ががくんと落ちてきて危機感を感じてきたので、なにかやらなきゃと思って、1年前「逆立ちやったらどうかな!」と。


最初は蹴り上げても壁まで届かず…(>_<) あまりの体力ダウンにショックを受けました。なにせこう見えても体育大学出身なので、こんな恥ずかしいことはありません。


最初は思いっきり蹴り上げて、壁にすっかり足をもたれかけさせてやってました。逆立ちした格好を人に見てもらうといいです。多分、真っ直ぐになっていなくてどちらかに傾いているはず。体が左右均等でない証拠なのです。だいたいこの年齢になると、からだに少なからずひずみができていると思うので。


長い時間やる必要はないです。腕だけで支えようとしないことです。体幹を使っていることを意識しましょう。二本の腕で自分の体重を支えているのですから、いわば自分の体重と等しいバーベルを持ち上げているのと同じです。

両手に重力を感じ、地球を押してる感じ!!

逆立ち.jpg

今では、そんなに勢いつけて蹴り上げなくても出来る様になりました。軽く腕を5回ほど曲げてみたり、壁にあまり頼らないようにしてみたり、上級に挑戦してます。


だいぶ体幹がしっかりしてきたような気がします。体幹が出来てくると、お腹周りも引き締まりくびれができてきますし、お尻も引き締まってヒップアップ効果もあります。なにより、歩く姿勢がよくなり見た目が若々しくなります。


たったこれだけの逆立ちで、こんなに効果があるなんてすごいと思いませんか?! お金も時間もかからないし、家で思いついた時間に出来る。最高ですよ♪



シントウがお勧めする「脱ファンデ脱シャンプー!」はコチラ →

健康とアンチエイジングには飲み水も重要。水道水が瞬時にミネラルウォーターになる「サンゴの力」→

サンゴの水をつくる.jpg




posted by 新藤律瑚 at 10:04| アンチエイジング運動

2017年01月27日

切り干し大根、自分で作れば手軽!

切り干し大根、ってきくとあまりおしゃれなイメージがないですね。でも栄養価は高いですし、自分で作れば買うより安いし、固すぎず食べやすいですよ。


狭いながら家庭菜園をやってます。秋に大根の種を蒔いて、発芽したときに間引きをしなきゃいけなかったのですが、忙しくさぼってしまったため、混んでしまって大根が太れません! でもまあこれが家庭菜園のいいところ。細ければ細いなりに工夫して食べればいいのです。

切り干し大根2.jpg


無農薬だし、有機肥料。手作り堆肥もたっぷり入れていますので、味は良いです。今、畑で収穫できるのは大根と小松菜、ルッコラ、パクチーくらい。


大根を包丁で薄くスライスして(スライサーは使わないほうがおいしい気がする)、ザルにならべて干します。冬の乾燥している時期は、干し野菜には最適なのです。湿度40%とかいうと、お肌にはイヤですけど、干し野菜つくるにはぴったり! 一日干したら、夜おかずにして食べてしまいます。カラカラには乾燥してないので、水で戻す必要は無いです。

切り干し大根1.jpg


ごま油で軽く炒めて、油揚げや薩摩揚げの細かく切ったのを入れます。水とめんつゆ、砂糖はお好みで。酒やみりんを少々加えてもいいです。フタをして弱火で2〜3分、蒸し煮にして、おつゆが少し残っているくらいで火を止めて置いておきます。冷めながら味が染みこんでいくので、出来てスグよりも5分以上経った方がおいしいですよ!


posted by 新藤律瑚 at 11:02| 食事と健康

2017年01月19日

体は冷やさない、が健康の基本

厚着して体を甘やかしてはいけない。寒さにわざとあたって体を鍛えるのだ!

なんてみんな本気で信じていた時代がありました。私も50代前半、りっぱな中年となりましたので、体に無理はしないことにしています。健康にはなんといっても用心、養生が大切です。


昔を思い出すと、小学生の頃冬でもミニスカートでとびまわっていました。親の方針だったのか、薄着だったと思います。でも、今思えば「伊達の薄着!」。運動も得意で活発な子供ではありましたが、よく風邪をひいていました。無理して登校はしても、体調が悪くて保健室で寝かされ、母親に迎えにきてもらうなんて笑っちゃうエピソードも!今のわたしからは想像できないかもしれません。


ここ20年くらいは自分のファッションは大きく様変わりしました。若いときはオシャレ優先でしたが、30代40代と年齢があがっていくにつれ、格好よりも健康重視へと。スカートはまったく履かないです。理由は冷えるから。


昔は冷え性で、随分悩んでいました。いまでは、常に体を冷やさないように洋服も選び、場合によってはホカロンなどもうまく活用しています。体を冷やすのが一番よくないそうです。平均体温が1℃下がると免疫力は37%下がり、平均体温が1℃上がると免疫力は約60%も活性化するというデータもあります。


タグ:冷え 免疫力
posted by 新藤律瑚 at 11:05| 健康のツボ