2016年08月30日

BOSSダイエットはまさに中高年向き

若い人だったら、ダイエットの目的は?と聞かれたら、スタイル良く見せたい、洋服をかっこよく着たい、などと答えるかと思うのですが、40代50代60代ともなると優先順位が変わってきます。


肥満によって数値が悪くなったり、高血圧症や糖尿病予備軍と診断されて主治医から「まず痩せて下さい」と指導されたり。ともかく見た目じゃなくなってくるわけです。肥満が健康に悪影響をあたえることは今や周知の事実です。ほおっておけば、痩せることはなくどんどん太っていきます。太っていくと同時に健康数値も悪化していくはずです。


中高年にとって「肥満している」ということは、がんや心臓病や糖尿病などの生活習慣病のリスクを確実に引き上げます。つまり、ちょっと太っていると簡単に片付けられることではないのです。健康に直結している、命に関わるといってもいいでしょう。


それほど重大なことなのに、肥満は簡単に考えられています。日本も20年30年前より町に肥満の人を多く見かけるようになりました。そんなことも、肥満を肯定する空気をつくってしまっているのかもしれません。


あとは、肥満解消を正しく指導できる立場の人間が少ないのだと思います。お医者さんは栄養のカリキュラムを勉強してませんので栄養に関してはプロではありません。栄養士も食品の栄養価についてはよく分かっていますが、痩せるためにはどう食事をしたらいいのかの指導は不得手であると思うのです。


体脂肪を減らして健康的にやせるためには、栄養とカロリーと運動、というように総合的なアプローチが必要です。そうなると、医師や看護師、保健師さんでも総合的な指導はむずかしいです。


ダイエットは基本さえ理解すれば難しくはありません。痩せやすい、痩せにくい、といった個人差は多少はあるかもしれませんが、人間の体の構造に大きな違いはありませんから、正しい方法で行えば誰でも年齢に関係なく痩せることができます。


しかもBOSSダイエットでは、栄養を重視し、着実に体脂肪を落としていくようアドバイスしていきますから、目標体重に達したあともリバウンドすることはありません。それどころか、サプリタイムを利用し2ヶ月、3ヶ月と継続していくうちに、以前より健康になっているという実感もわくでしょうし、数値が悪かった方であれば数値は改善に向かいます。


空腹を我慢したりすることもないので、ストレスはありません。お酒や甘い物は適度であればとってかまいません。運動はできればしたほうがいいけれど、絶対しなければ結果がでないというわけではありません。なによりBOSSダイエットがハッピーなのは、夕食に好きな物が食べられるという点です。中華でも天ぷらでもウナギでも満足するように食べ、食欲を満たしていただきたいと思います。これが継続できる秘訣です。


BOSSダイエット について詳しく →
posted by 新藤律瑚 at 14:10| BOSSダイエット法

2015年02月06日

こんなに条件が悪くてもBOSSダイエットは成功できた!

ちょうど1年前にBOSSダイエットを開始して、4kg痩せられたKさんに今日はインタビューをお願いしました。

もう1年経つんですねえ。去年のお正月は70kgという大台に乗ってしまって「もうこれ以上太ってはだめだ!なんとかしなくては」と思っているときにBOSSダイエットとラッキーにも出会えたんです。

Kさんは47歳になったばかり。小学2年生の息子さんをもつお父さんです。某ハウスメーカーの営業マンをしており、2年前から単身赴任中。

若い時は運動部だったので、食べても食べても太らなくて、どちらかと言えばスリムだったそうです。163センチ、55kgで高校大学もそれくらい。社会人になってから、食事が不規則になり、コンビニ弁当ばかり食べるようになり、仕事が忙しく運動もできなくなり、毎晩遅く11時12時に夕食、なんて生活を続けている内に、毎年1sずつ着実に体重が増えていったそうです。

ご自分なりに痩せようとして、いろいろチャレンジしてはみたもののどれもうまくいかなかった。夕食はりんご1個だけというリンゴダイエットは無茶苦茶苦しかったし、雑炊ダイエットもやってみたがだめ。
朝ご飯を食べない、というのもやったし、夜はご飯を食べずにおかずだけというのもやった。

ともかく自己流でいろいろやってもらちがあかない。困ったなあとおもっていたところへ、渡りに舟とはこのこと! BOSSダイエットに出会った。

Kさんは、最初説明すると同時に「これやりたいです!」と意欲的でした。

2014年1月スタートしたときは、70kg、体脂肪率25%、ウエストサイズ92cmでした。
そして今日測定したところ
2015年2月6日  66kg、体脂肪率21%、ウエストサイズ87cm。

この数字を見ると、やっぱりなあと思うんですよね。BOSSダイエットで4kg痩せると、体脂肪率も同じく4%下がって、ウエストも4cm減るんです。これまでの方々もたいがいそうでしたね。

神坂さん体脂肪測定中.jpg

BOSSダイエットの経過は、初めてから順調に毎月1kgずつ減り、夏にはもう65〜66kgを達成できました。そのあと仕事の関係で昼サプリタイムが飲めなくなって、去年後半は維持というかんじでした。

あと3kg落とせば、体脂肪率も19%くらいになり理想数値になりますし、そのくらいが若い時の体重だそうです。63kgが最終的な目標ということで、今年夏ぐらいまでに達成出来るように頑張りたいとやる気いっぱいでした。

今回ダイエットに成功したKさんなんですが、実はライフスタイルからいえば、条件はすごく悪かったんです。

・ハウスメーカーの営業で一日中外回り。昼は必ず外食
・単身赴任で食事も自分で考え用意しなければならない
・残業が多く早くても帰宅は10時。遅いと12時。それから夕食
・料理はできないので、弁当やお総菜を買うしかない(夜遅いので定食屋は閉まっている)

これだけの悪条件がそろっていました。でも、BOSSダイエットなら大丈夫。
つらいこともなく、ご本人の言葉を借りれば「すごくラクでした」とのこと。
やるべきことが決まっていて、その通り実行するだけですからね。夕食も楽しめるし。

40歳過ぎてから5年間、毎年中性脂肪が高くひっかかって、要検査に回され、メタボ指導までされていたのが、去年はどこもひっかからなかったんだそう。

おいしく食事ができて、栄養補給も安心。健康数値もよくなるダイエット
BOSSダイエット について詳しく →


posted by 新藤律瑚 at 15:31| ダイエット成功例

2014年09月26日

高齢者のダイエットのむずかしいところは

BOSSダイエットは、どちらかというと40代から60代に支持されています。若いかたは、どうしても見た目重視ですし、お金をかけずに手っ取り早く痩せたいと考えますが、中高年になってくると肥満は病気のもとであり、健康になるために痩せなければならないという切実な問題がでてくるのです。

肥満しておきてくる病気の代表的なものは、高血圧、高脂血症、糖尿病、脂肪肝などです。BOSSダイエットのように栄養をとりながら正しい方法でダイエットすることで、体脂肪をちゃんと落とすことができ、血液の状態もよくなり数値の改善をはかることが可能です。

70代、80代といった高齢者でも肥満で悩むかたは多いです。もちろん上記のような病気も併発しているケースが多く、薬も他種類常用しているでしょう。お医者さんからも、やせなさいと再三言われているのだと思います。

でもそうした方の悩みは、わかっているけどやせられない! まさにそんな心境でしょう。膝や腰も痛くて思うように歩けない、ましてや運動なんてとんでもない、食事だって世話をしてくれる人がいればまだいいですが自炊の場合バランスの良い食事を作るのが難しい、代謝も落ちている、というように悪い条件ばかりそろっているわけです。

しかし、なんとかして高齢者は体重を減らさなければいけません。標準体重より10sもオーバーしているという方はざらにいらっしゃいますが、自分自身の体重が負担となり身動きが大変、膝や腰に負担が大きくよけいに膝腰を悪くする、血液数値にも悪影響を及ぼします。さらに、要介護になれば介護者は重い体重を支えなければならず重労働になります。まわりに迷惑をかけないためにも、やせなければならないと思います。

BOSSダイエットは、そうした高齢者の方にも安心して実践していただけます。栄養面でも考えられていますし、食事はお弁当でもかまいませんので簡単です。運動もとくにしなくても大丈夫です。併用するサプリタイムはタンパク質、ビタミンなど栄養補給食品ですので、基本的に薬を飲んでいらっしゃる方でもお使いいただけます。もし、心配なら主治医にご相談ください。おそらく、反対はなさらないと思います。

自宅でお食事の支度をしてもらえるなら、このような食事が理想です。ふつうの家庭料理です。
ご飯も召し上がってください。最近では高齢者にもお肉が必要という正しい情報がきかれるようになってきました。いいことです。年齢にかかわらず、一日に必要なタンパク質量はほぼ変わりません。このことをご存じないかたが多いですね。お肉も1日に100gくらいはとったほうがいいです。魚も野菜もいろいろ食べていただきたいです。ごま油やオリーブオイルなど体によい油も積極的に毎日とることも必要です。

DSC_5382.JPG

朝昼をサプリタイム中心にした食事にし、夕食は若いひとと同じようにしっかり食べて良いのです。
BOSSダイエット法は、どんな年齢のかたでも安心してできます。
BOSSダイエット について詳しく →
posted by 新藤律瑚 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者のダイエット